AGRAS MG-1

DJI Agras MG-1は、液体の農薬、肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうために設計されたオクトコプターで、農業分野において効率性と管理等力がさらに向上します。折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能で、保護等級IP43レベルに適合しています。最新のDJI A3フライトコントローラーや飛行中の信頼性を高めるレーダー認識システムなど、DJIの最先端技術を搭載し、スマートかつ便利な農業ソリューションを提供。噴霧システムと流量センサーにより、高精度な噴霧を実現。自律散布システム*やDJI 農薬散布管理プラットフォーム*を使用することで、作業を計画したり、リアルタイムで飛行を管理するなど、機体ステータスを詳細に監視することができます。

*日本向け製品には本機能を今後搭載予定です。

A3フライトコントローラー

MG-1は高性能な A3フライトコントローラーを搭載しているため、高い信頼性を実現します。
農業での利用に最適化したアルゴリズムにより、外部の振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行が可能です。
A3は2つの気圧計と2つのコンパスを装備。冗長性を採用した設計なので、1つのセンサーで不具合が生じた場合でも、もう1つのセンサーがフライトを維持し、安全性と信頼性を強化しています。

レーダー認識機能

高精度な3つのマイクロ波レーダーが、噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。これらのレーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで、より正確な高度情報を取得し、作物から一定の距離を保つことが可能です。

高精度な噴霧システム

新しい噴霧システムの採用により、さらに高精度な噴霧が可能になりました。前後1組ずつのノズルを制御する互換性のある2 つのタンク が搭載されており、現在、次の3 つの噴霧モードが使用できます:前方噴霧、後方噴霧、全面噴霧 新しい圧力センサーと流量センサーはリアルタイムで噴霧速度を監視します。これにより散布中の噴霧速度や噴霧量の動的制御を実現します。下方向の気流をより有効に利用するために、延長ブームを備えたノズルが使用されています。この噴霧システムはより正確にコマンドに反応できるようになり、散布作業の精度と有効性が向上します。

*日本向け製品には本機能を今後搭載予定です。

自律散布システム*

本機能を使えば、効率的な飛行ルートを自動的に作成したり、編集したりすることが可能なので、作業の利便性が高まります。また、液体残量を自動で計算し、お知らせします。

*この機能について農林水産航空協会の承認を取得してから導入する予定です。

作業効率を考えた送信機

送信機には、強い日光の下でも視認性が高く明るい5.5インチ / 1080pのディスプレイを採用。また、MGインテリジェント・オペレーション・プラニング・システム*1が内蔵されており、作業効率を上げることができます。送信機のバッテリーは、最大5時間の稼働時間を実現し、屋外での長時間の作業を可能にします。

農業に最適化した機体

ESCを保護するために耐水性膜を塗布し、ESCの保護液体バルブを吐出ポンプ側に、吐出ポンプを噴霧タンク上に、液体注入口をタンクの横に設置したことで、液体の注入、取り外しや洗浄が簡単に行えます。万が一故障した場合でも修理がしやすいように、MG-1のフレームアーム、ランディングギアは取り外し可能。部品交換修理が可能です。

DJI農薬散布管理プラットフォーム*

DJIはMG-1Sとともに、総合的な噴霧管理プラットフォームを提供します。このプラットフォームを使用すると、機体全体の飛行状況を管理し、噴霧状況を熟知して、作業効率が向上するよう噴霧チームを管理することができます。また、農薬散布が必要なほ場 (農産物を育ている場所)を各作業者に割り当て、割り当てたほ場を確認することもできます。インテリジェント・オペレーション・プラニング・システムを作業者間で共有すると、作業者が繰り返し噴霧することが避けられ、噴霧作業の管理がより効率的かつ経済的になります。

*日本向け製品には、本機能を今後搭載予定です。

CONTACT US

必須 お問合せ項目
必須 お名前
必須 メールアドレス
必須 お問合せ内容